build Monster series Royal blue version pt.10

Pt.4に続く、ごく私的・Monster再来です。SRP657の面構えに、ムーブ/ハンズ等をメインに換装。 (色々組み合わせの為、ごった煮状態です)

SRP657は4R36ムーブでしたが、7S26Cに。 他、Hands・・・hour/オレモン1stor2nd Gen、minutes/SRP581版、second/ベイビー・スノーモンスター、case w/ crown/SKZ331 (Sapphire glass w /cyclop lens)

SPR657(通称、モンスター・ロイヤル・ブルー)は、これまた、kingdom of Thailand 限定(Lot,1750個)。 本来のものは、handsが、縁どりシルバー色にてルミ盛り部がminute ring (分《秒》刻み)と同型色にて読み取りに難有り。 Swatch全盛期をご存知の方は、「Blue segment」を思い出して頂ければ・・・。色が被って、読み取りづらいんです。(’92年にSwatchの方、購入して直ぐ中古買取店に出してしまいました) ダイヤル地色は、すごぉーく(どちらとも)好きなんです。・・・ミディアム・ブルーと言うんでしょうか?、Royal の方はメタリックですが単純なネイビーでもないし、どちらかと言うとシルキー(やや白味の混じった深い紺青)な感じで、まさしくroyal blueだと思います。好きです。

紺青(プルシアンブルー)~紺桔梗(キキョウ)色のダイヤル・カラー

本来4R36仕様のコノもの、流れから言えばdialは「シャーク・トゥース(鮫牙)」デザインとなるべきだったのでしょうが、1st generation仕様の up-light インデックスとなっており、個人的にはこちらが好みです。

Monster Trio(3兄弟そろい踏み)
オーバーTopsで腕に巻きつけ (セイコーSpring-drive宇宙向け500万もオーバートップで、ナイロン?でしたねぇー)

最後に、ご連絡ですが、当方の投稿(シリーズPt.1~10で節目として)は10回を区切りとして考えておりました。途中(orientを挟んで)迂回した経緯があるので、次回(Pt.11)で1つの中締め(大団円)と考えております。感慨深い話し(回想録)はその際に。 本当は時計だけに(10=ten=とう!)で終わりたかったのですが・・・。

では、また後日。

 

3+

You Might Also Like

2 Replies to “build Monster series Royal blue version pt.10”

  1. タイでな限定モデルが多いと聞いてますが、このモデルは知りませんでした!
    パッと見は黒に見える深いブルーがとっても渋いですね!^^
    で、そんな事おっしゃられずにこれからもお願いしますね!
    始まったばかりの時から凄い投稿に助けていただいて、とっても感謝しております。
    これからが正念場の当サイト(汗)、引き続きサポート下さいますよう、お願いいたします。

    2+
    1. いゃー、店長。(Lip サービスが過ぎました、スミマセン!) 決して投稿を止めるわけではなく、ペースがdown するという意味です。 何度か触れている(勝手にどこかでコメントしたつもり・・・?なのですが・・・)ように、当方にとって当年が記念年にて。ワイフにも許可を得て庶民なハズなのに、莫大資産(多分、徳川埋蔵金に匹敵する位)をspecial に投入しています。来年以降はそうではないので・・・(悲) 妻には、「おぉう!オレは今年Rolexを買うぜぇー」なんて啖呵を切っていたのですが、「やっぱり、娘もお年頃だし、携帯更新だし、・・・」「国産のSeiko、それもリッチじゃないヨ、普通の・・・買わせて!」なんて平身低頭に言って、何個も騙しだまし買っていたのに、気が付けばエアー・キングどころか、(エクスプローラーⅠ36㍉どころか、)欲しいPerpetual 39mmが買える金額ではありませんか!! (後悔?、いぇえ! 決してそうではありません、これが必然でした)

      1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください