Seiko silver sumo(SPB029 Thailand retail) alternate white dial pt.11

いよいよ、最終章(Final Chapter) と、なってきました。海外でのWatchingが多いとの事で、変な日本語(チャンぽん)でお送りしたいと思います。                             個体が15個揃った具合にて、一旦増やさない方向で・・・(軍資金も底尽き、理由も後述)

ねたバレリーナで言ってしまえば、本体自体の購入ではありません。サービス対応品の寄せ集め。(店長指摘の凄いとの仰せを訂正したいので) なのでシリアルはないです。 只この個体は総額¥80,000位の内、ケースだけで4~5割かかっています。

Dial・・・DAGAZ 『ARCTIC SEA(北極海) explorer white dial』(ギョーシェ彫り/ヴァーグ=波 模様)_ _ _ オリジナルも同様でしたが、こちらは波部分もホワイト。 Bracelet・・・・・・MiLTAT by Taikonaut (ebay name: seikoprince) super engineer Ⅱ

以前のRayⅡをMako USAⅡに変えたものと並列(兄弟?)

どうでしょう?、チャプター部(黒)とダイヤル(白)のコントラストにて、まるでRolex cosmo-graph daytona exotic dial  状態だと、思いませんか。(ポール・ニューマンは20億円ですが、・・・溜息・・・ブレゲのマリーアントワネットより、オーダーされた懐中時計が40億円、その半額とは!! 譬えるなら、セザンヌの”カード遊びをする人々”の価格に対し、Andy WarholのElvisが半値のような世界。 ビンテージ・アンティークにも負けないmodern cultureですな)

Orient mako usa Ⅱもどきと並べると、もう1ダイヤル分(citizenで有ればいいのですが・・・)少ないですが、インダイヤルみたいな景色となって面白いです。

 

ここからは、長文(いつも、懲りてなくスイマセン)なので興味ある方、ご一読下さい。

《後述 & ※私的記録 archives》(Under below, For people Please read with your interesting in this article or your a curious occurring ! )

昨年の末頃から、Mod用seiko関連を目的として、相当数、収集してきましたが、私にとっては飽和状態(Just wrist-watches being existed  for holding capacity )となりました。 仕事柄、酸性蒸気(Acid-vapor circumstances )が舞っているので、普段使用しているのは、生贄用のBlue-boy一つです。本当は、Victorinox i.n.o.xを身につければ良いのでしょうが、ちょっと高価なので断念。  15個位揃ったので、これ以上、本体自体は揃えないようにしたいと考えました。 以前、アンティークや現行機械式含め、はやり15個位で頭打ちとしていました。その時は、RoamerのFHF old mov’t、ユンハンスのMax-Billや、グリシンのCombat等mechanical を多く所有しておりましたが、ランニング・コストの点で、手放す方向(Now no possession )となってしまっておりました。・・・記念として購入したBrightz Phoenix SAGQ007だけは手許に残っていますが( Left for me) ・・・8L35 Mov’tのそれはお世辞抜きでRo〇〇〇にも負けないJapan Pride だと思っており、またPhoenix=不死鳥、鳥は僕の干支なので《笑》  当時、会社の誰かがStargate Ⅰを所有しており、それ僕のパクリでしょ!なんて考えたりして、すいませんお持ちの方・・・、冗談さて置き、Seikoのサイトで開発者プレゼン・スクリーンでノック・アウトされた口で、相棒となりました。

所有分を週休2日のローテで回そうと思ったら、1ヶ月半~2ヶ月弱でやっと腕に纏う間隔なので、ひじょぉ~~に、それらに対してあまりに可哀想なのであります。

※1.)5~10 years old (歳)・・・ Met !! my father’s Grand Seiko  62GS  不動時計となった、その裏蓋メダリオンを剥がそうとする(中東赴任の伯父から海外の三文銭を貰っていたので、同様だと勘違い) Mickeyのキャラクター・ウォッチ(多分ドナルド、翼がHands代わりで指針するタイプ)をあてがわれ、気を紛らわす。

2.) 15~16 years old ・・・  Met ”Club La Mer” by citizen quartz, 高校入学記念に買ってもらう。下校居眠り(電車座席に外した)時、盗まれ、親に言えず小遣いで ”Ivy Leagues ” by seiko  quartz を購入する。 共にガラスがサファイアで(量販仕様、当時出たて?だったと思いますが)、画期的でしたね。 この頃はシチズンの方が勢いが良かったような??(上述の2ケースも、セイコーの方が後発の流れになったような・・・勿論、スペックとかでなく売り出し方=ブランドタイアップとかそう言う点で) クラブ・ラ・メールもCMスポットで、HiーFi setの『素直になりたい』(♫こいはいつでも、rhythm & blues ~ )って、打ってたような(検索したらリビエールとなっていましたが・・・) 車に譬えるなら、王道はTOYOTAでも、面白いのはNISSANだったりして。《CM, Back/musicで、ホワッツ・マイケルでトラ猫がもてはやされていた時分、”あさしおー”って女性が呼ぶトラッド・サニーの「Your Song」by Elton Johnに始まり、ちょっと前はセレナで、僕の大好きな曲「Mr. Bojangles」by J.Jeff.walker、「Sunshine superman」by Donovan(ジャック・ジョンソンの友達、ドノヴァン・フランケン・・・の方じゃないですよ、加藤のトノヴァンの方でもなく・・・)が流れていて、センスいいよあなぁー、って思っておりました 》

3.) around 20 years old ・・・時計に対する見識研鑽(&好みが確立)、セイコーの王政復古!   ・・・ 学生時分、そんな分際でバイト代を使って、ハミルトン(復刻版piping rock)を購入。先輩は、風防のかなり擦れたユンハンスのMax-bill、バイト先の社員さんはGSファースト(金張り)のアンティークを持っているとかとの話題で、時代はアンティーク・ウォッチ花盛り!(何ともバブリーな時代でした、80年代中頃イタリアで発生したアンティーク・ロレをファッションに取り入れたモードは、瞬く間に世界を席巻し・・・) 一方、スイスSMHグループ・スウォッチは日本へのアンチ・アンサーソングのように、日々付け替えるファッションとしての廉価時計を打ち出し、モーレツ社員的、まじめ日本製quartzの味気なさに一石を投じ、大量消費文化(使い捨て)の流れを作っていた事も事実。 しかしながら、温故知新(懐古趣味と相俟って)、アンティーク時計が魅せる機械式時計の良さは、普遍的だと気づかされはじめ・・・。 セイコーも皮切りはquartzでも、GSの復活劇がみせたその後の潮流は周知の通りですね。 先のハミルトンに始まり、次にオメガ’60 half-rotorスモセコ、bulova ’40 レクタングル14KPGF、盤も赤銅色、青針を所有。 当時のバイブルは「Monoマガジン」(1頁に25スナップ位色々なレトロ時計が載っているやつ)と、芸術書(6巻位のシリーズ中の)”古時計”の回。・・・非常に感化されましたわ。特にエピソードで、「パティックの社員が、質屋前に佇む婦人に、所有のパテを貴女が所望する額でお引取り致しますよ」とのくだり。きっと、自社へのコレクションなのか、技術保全(職人育成のテキスト的証左の為?)か。パテック社の並々ならぬ自負の高さが伺い知れると説明されておりました。 うーん、ヨーロッパ圏の文化の深さを感じますねー。 (僕も当時はキースヘリングの没後もあり、ポップアートへの関心の一方、アール・ヌーヴォー/デコ調様式美の造形にも関心がありました。 伊勢丹美術館でウォーホール展を観て、小田急で清里美術館蔵のランプ・グラス、ティファニー、ガレ、ドームの回覧を観たり)

4.)around 40 years old ~Now present ・・・ 約10年ほど前、会社の職場転換に応じ新天地に異動。ドレス・ウォッチを身につけていた環境から、アクティブに動ける時計をしていたら、同い年の同僚と意気投合!(父親が身につけていた、Seikoのあの時計・・・、といった会話から境遇が似ていることに感動) 所持していたアンティーク品の見せあいっこをしたりで、時計談義に華を咲かる。 ここから、ブラン・ニュー ウォッチの怒濤の購入に突き進み、中毒状態に陥る。仕事柄アクティビティならダイバーと思い、MWC、CWCと続き、先の現代版・機械式の深みにはまる。 しかし、その3年後に更なる異動(作業環境はバルクから酸性ヴェイパー舞う環境に変わっただけで、機械式時計等には、酷な一方・・・もうデスクワークじゃないんだからと、)。 はた、と気づき身に付ける機会も減り、タンスの肥やし状態。更に膨れ上がったそれらのメンテを考えると、生きている間のランニング・コストの経費に青ざめる! そこで、整理した環境状態から、最近Seiko Modを知り、「これなら、Mov’t交換、自前で出来るしエコノミー!」なんてもんだから、またまた、時計熱再燃!・・・と現在に到る、です。ほんと、長くなってすみせんでした。 (ちなみに、郷里に戻り、Uターン就職で勤続20周年記念でしたので、家内の理解を得て突き進んで来ましたが、猛進撃も一旦、これにてです。これからはお小遣い範囲で年に何個?かの本体購入か、付け替え用のパーツで楽しみたいと考えております)

最後に、Modへの多大な道しるべを作っていただいた方々への感謝&謝辞を込めて、そのかた方のお名前を挙げさせて頂きます。(ありがとう!!)  Dedicated to ・・・『泥沼時計収集メモ、アカツメ』様 『NGAの別室』様 『https://seikoparts.wordpress.com 、Mr.Chuen』様 『ファイブ実験室』様 (4人の方は当方に技術的チュートリアルを教授して下さいました、誠に感謝です)    tappymappy様 (貴殿のSKX愛ととどめない財力に感嘆です、セラコート、アーティフィス・ホロワークスに依頼しても加工料だけで本体がゆうに2個以上買えますね!) SHUKU様 (貴殿の唯一無二な創作&改造魂!驚愕です) oasisuenoshiba様 (貴殿のフォトで魅せる簡潔な世界観、見事です、多弁な私の逆の方法論で、こうも語れる!! あとスミマセン、勝手にoasis=泉・・・泉岳寺/上野 /shiba=芝増上寺と深読みして日本の首都に住まわれてる方なんて想像しています) si-nn様 (ボックス・グラスModを紹介して頂き、有難うございます) そして、幾多の投稿仲間の皆さん!

勿論!、忘れちゃならない、我らの主宰者・・・Mr.tencho こと、藤本様・・・素敵な交換サイトを立ち上げて頂き、本当にありがとうございます。『Seiko5.club』の末永い隆盛を願ってやみません。

6+

You Might Also Like

2 Replies to “Seiko silver sumo(SPB029 Thailand retail) alternate white dial pt.11”

  1. いやー、yoohiyyさん、お疲れ様でした!
    このサイトの立ち上げ当初より、たくさんご投稿いただいて、感謝に堪えません!
    おかげさまで何とかサイトの体をなしてこられました。本当にありがとうございました。
    今回の長文しっかり読破いたしましたよ!(笑)
    yoohiyyさんの事がより深くわかった気がします。
    せっかくこの様なお親しい関係になりましたから、終わりと言わず、事あるごとに再掲やベルトチェンジの小技など是非とも、お付き合いのほどよろしくお願いいたしますね。

    2+
  2. 店長、皆様
     大丈夫です。まだ、ネタ玉は5つ位あります! が、老眼が激しいのでなかなか前に進まないのです。(笑) まぁ、冗談半分ですが、なに分凝り性なもので、剣入れに納得しないと、3時間位いったり来たりを繰り返してしまう悪い癖も。 あぁーつ、また裏蓋締めた後に暫く動作させていたら、秒針が長針にきて止まっている!・・・とか。
     今後も、よろしくお願いします。

    2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください