やっぱりSKX Boy form

今年に入って、迷走してました。ブライアン・ウィルソン言うところの ” I just wasn’t made for these times” (邦題:駄目な僕)な気分でした。 やっぱり、SKX031仕様のところで躓いたのが発端ですかね? 気を取り直して、Boyの話題です。 やっぱり(4th・・・quartz or 5th・・・automatic由来の)このケース形状が、安心/安全(気分的に)だな、って事で。 心なごみます。(癒し効果)

クリスタルタイムズのシングル・ドーム、スチール・チャプター、及び”S”付き竜頭(カットステム調整) 。そして、怪しいフィリピン・セラー(ebay:$25安ゥ!)のセイコーstyleのセラミックベゼル(ドット夜光光らず)

今年に入って、運試しで、SKX009(新古品:取説&保証書なし、但し未使用品)をヤフオク・ストアさんで入手。昨今の高値推移の中、1諭吉&1新渡戸・強で落札。SNZ301ダイヤルをebayで購入したので、将来の付け替え目的で遊んでおります。(精度ー45sec/dayとの触れ込みで、ホント、その通りでした)

途中経過のなか、気づいた事が、「おぉ、っと・・・SKXボーイって、case イカスじゃん!!」 そこで、温故知新、馴れ初めになったquartz仕様が欲くなり、物色(yahoo auc& mercari )、キャリバー7458(’79年初代)はseiko online repair はまだ受け付けてくれるけど・・・年季がなぁー。 SBCM023:cal8F35(くだんの形状で、quartz最終型?)は無茶苦茶高い!、7C43(触れ込みでグランドの9F押しの影響で、同性能あるコイツは舞台袖に引っ込まざるを得なかったとか・・・ホントぅ?? まぁ7C46に引導渡す形で継承)を、これも高値傾向でしたが、隙ありのもの入手できました。(写真あり、アイキャッチ右端)

異色形状のBOY:5H26-7A10(ebay 伊セラー、€140程)、モデル名不詳、ゴールド(主に縁どり)版はSEC011Jらしいのですが、ステン・ブレスは共にジュビリー?と言うよりIWCインター系で単独でも絶版。ラグ部本体R形状が現行44G1-z-iでは不適合。うーん惜しい! でもこの海外展開のみだったモノ、ベゼル(グロス&コン盛り膨らみ形状・・・大体は擦り切れているらしいのですが)いい質感です。ケース嵩5mm(ベゼル、裏蓋除く、現行SKXは7mm程)で側面3カットの内上2面がマット仕上げ、かん足部シェイプで車で云うユーノスコスモかインフィニティQ45の様です。時代まるかぶり。

 

永年愛され続ける理由にガッテンがいったような・・・

追記:現在7C43ー6010(mid size)も代理店、お抱えの修理部門にてOH中!写真の7C43ー7010(リアル現行BOYサイズ)と違い、グラス面がドームにて非常に愛くるしい感じで気に入っています。(細腕だからね) 共にprofessional diver (混合ヘリウムガス潜水耐用)で気合いが違います。(名ばかり。経年してるので性能とれないケド、いいんです・・・箔だけで) 現行機械式と違って、ハンズ&ドットマーカーの白さに面食らってます。(いい意味で・・・やっぱり ♫白い歯っていいなぁーwhite & white ! 、わぁー時代錯誤で通じませんね)

6+

You Might Also Like

3 Replies to “やっぱりSKX Boy form”

  1. yoohiyyさんこんにちは。
    ボーイ高騰してますよね。自分が最初に買った時はアマ〇ンで¥15,000位だったかな?
    今は新品で¥20,000前後。ヤフ〇クの「中古 稼働品 」で¥15,000、「ジャンク品」でも¥10,000前後までいきますからおいそれとは手が出しにくくなりました。
    なのでミハエル・シューマッハが最終ラップでピットインしたみたいに大昔のKSを愛で始めました(謎)

    2+
  2. YOSHIP-様
     そうなんですね。・・・オランダの『Watch-parts-plaza』(ebayにも出店)でも、ケース(ペプシ)単体で€150、送料考えたら2万円なんですよね。 皆さん、(おそらく)ボーイ購入でもMov’tをハック機能(NH35~NE15、4R36or6R15等)に変更される傾向ですから、15,000円位で新品が買えるは魅力です。(元の搭載7S26の問題で、精度が採れなくても)
     ところで、貴殿のKS・・・ひじょうに品良く、羨望の眼差しで見入ってしまいました。ドルフィン針と言うほど太すぎないハンズ(ペンシル・ストライプ的マーカー線が入っていて視認性も良さそう)! 
     ぶっちゃけ、(昔、父親が所有していた62GS)なんて、鏡面仕立てのドルフィン針と、シルバー・ダイヤル、薄い黒のファイル・マーカーが、ホワイトアウトならぬ、シルバーアウトで全然、時刻読みづらいじゃん!、って好きになれませんでした。(今でも、根元太、先細り針は頂けないクチです)

    0
  3. 今気づきましたが、一昔前は黒地の曜車でも土曜は青字だったんですね!
    現行品も絶対そうして欲しいですよね!

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください