ボーイ+白ダイヤル

ひそかに憧れていた「白ダイバー」にしてみました。

風防・針・チャプターリングはDLW。ベゼルインナーは不詳。文字盤は以前SRP311 sunburstに入れた物の白版です。ベルトはバンビのメッシュです。

今はARKのシリコンバンドに交換してます。文字盤の出所が怪しいのとメカが7S26B(10年くらい前の未整備)の為か、使いだしてから二回ほどゴミが出てきました。その都度メカを出してゴミ取りしたわけですがプラスペーサー・ケース間の隙間が無くて妙にギチギチ。ボーイと他の5のプラスペーサーって微妙に違うんですかね?

やっぱメッシュの方がカッコいいかな?

12+

You Might Also Like

2 Replies to “ボーイ+白ダイヤル”

  1. おはようございます。店長です。
    これ好みですね!^^
    で、7S・4R用はスペーサーは高さ(分厚さ)が二種類ありまして、高い(分厚い)方がダイバーズ用ですが、単純に二種類あるだけです。
    (因みに↓で紹介しているO型のリューズチューブ用なんです。)
    https://seiko5.shop/watch/seiko/custom/dial.html
    入れるのに苦労するくらいキチキチなのはケースの微妙な仕上がり精度誤差によるものです。
    同じ品番の時計でもロットにより、スッと入るものもあれば、2点同時に押して、慎重に平行に入れないと入らないキチキチのもあります。

    3+
  2. mr.tenchoさんこんにちは。
    なるほどギチギチだったり緩かったりなのは個体差ということですね?
    以前リューズを抜いてひっくり返したら「ポロン」とメカが落ちてきた物もあったのでスペーサーが痩せたのかと思ってました。
    今回はあっちを押せばこっちが飛び出るといった具合でまるでシーソーでした。

    2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください